瀬戸内町町長からのメッセージ

  1. HOME
  2. 加計呂麻島の最新情報
  3. 瀬戸内町町長からのメッセージ

瀬戸内町町長からのメッセージ

投稿日:

加計呂麻島には医療機関がありません。また島には高齢者が多く、万一まん延した場合多大な影響があることから、
加計呂麻島・請島・与路島へお渡りになるのは、不要不急の場合は、感染防止・蔓延防止の観点から極力さけていただきたいという町長からのメッセージです。以下、瀬戸内町ホームページより転載いたします。
------------

令和2年4月10日に、奄美大島5市町村及び各経済団体の長が協調し、“新型コロナウイルス感染症の「緊急事態宣言」を受けての共同メッセージ”を発しました。

しかしながら、令和2年4月17日に“感染者の確認”を受けまして、さらなる水際対策の強化と、感染拡大防止への取組を瀬戸内町としてもお願いすることとなりました。

加計呂麻島、請島及び与路島につきましては、奄美大島の中でも“外海離島”であり、医療機関も即応できる環境にはありません。また高齢者も多く、万一感染がまん延した場合、奄美大島本島側以上に医療体制等が難しい状況下に置かれることになります。また島民の生活自体に、多大な影響を与えかねません。

これから、ゴールデンウィークを迎え、帰省・旅行等などで、人の往来の増加が予測されますが、各島内における感染の拡大を防ぐために、皆様に感染拡大防止の行動をとっていただく事が重要となります。

このため、5月6日までの間、加計呂麻島・請島・与路島に来島予定の皆様に、次のことへのご協力を強くお願い致します。(注:期限が変わる場合もあります。)

(1)町外からおこしの方等は、加計呂麻島・請島・与路島へお渡りになるのは、不要不急の場合は、感染防止・蔓延防止の観点から極力さけていただくこと。

(2)仮に、渡った場合につきましても、必要最小限の活動と、マスクの着用、こまめな手

洗いや咳エチケットに加え、「密閉」「密集」「密接」の3つの密を徹底的に避けていた

だく等お一人おひとりがこれまで以上の感染予防に取り組むこと。

(3)町内(本島側)にお住いの方につきましても、同様に気を付けていただくこと。

感染防止には、皆様のご協力が欠かせません。

皆様の生活には大きな影響を受けることになりますが、皆様の行動が、ご自身の健康と命を守り、大事なご家族ひいては私たちが住む瀬戸内町・奄美大島を守ることにつながります。

皆様、一丸となり、この難局を乗り越えていきましょう。

令和2年4月20日

瀬戸内町長 鎌田 愛人

最新のお知らせ